小さい会社にしか出来ない事が有る・・・

会社沿革


昭和23年12月
・戸田隆治、千葉市緑町において染色助剤の製造を始める。
昭和25年10月
・有限会社緑化学研究所を設立。初代社長に戸田隆治就任。

・資本金を200万円とした。
昭和37年3月
・千葉市園生町に新工場用地を買収。園生工場を設置した。
昭和37年10月
・凸版印刷用パウダーレスエッチング添加剤特許取得

 (エッチゾール−P)

・Mg板用腐蝕添加剤の製造及び販売を開始(エッチゾール−P)
昭和42年4月
・園生工場に500LのGL反応釜を設置。

・DOM(ジオクチルマレート)の製造開始。
昭和46年9月
・亜鉛用パウダーレスエッチング添加剤発売(エッチゾール−Z)。
昭和52年7月
・各種エアゾール原液の調・配合開始

 (家庭用、モーターケミカルズ等)。
昭和52年9月
・園生工場にて、シクロペンタジエン及びメチルシクロメンタジエンの

合成を開始。
昭和53年8月
・エポキシ樹脂の改質を開始。

 特殊エポキシ樹脂及び硬化剤の配合。
昭和56年4月
・ナフトキノンジアジドを用いるポジ型印刷用レイジストの製造、販売

 を開始(レジストK)。
昭和57年11月
・初代社長 戸田隆治逝去により戸田一隆が二代目社長就任。
昭和58年7月
・オフセット印刷用副資材の製造委託を開始。
昭和62年5月
・屋外危険物貯蔵庫設置。
平成元年12月
・フォトレジスト中間体(ジアゾ化合物)製造受託開始。
平成2年12月
・園生工場隣接地を買収し、製品倉庫を増設完了。
平成4年10月
・冷凍機増設(フレオン冷凍機購入)。
平成5年8月
・園生工場に事務所、研究室を建築。
平成6年12月
・商法改正に伴い、資本金を1,000万円に増資。
平成8年8月
・文化財保護剤製造開始。
平成10年8月
・研究室新築。
平成12年12月 ・光ファイバー関連基材研究、開発開始。
平成13年8月 ・宇宙関連基材受託開始。
平成15年12月 ・高屈折率材料特許出願。
平成16年7月 ・ボイラー装置増設。
平成17年5月 ・イオンクロマトグラフ装置設置。
平成18年6月 ・押し葉標本作製用樹脂の製造及び販売を開始。
(ハールグリーン50))
平成19年5月 ・樹脂合成用触媒充填作業受託開始。
平成22年9月 ・常温硬化型可撓性エポキシ樹脂の製造及び販売開始。
 (N61A/B)
平成22年10月 ・二代目社長戸田一隆より戸田隆太三代目社長就任。
 戸田一隆相談役へ。
平成23年6月 ・石材、木材補強材の製造及び販売を開始(A・SIL−4)。)
平成23年11月 ・ホームページ開設(http://www1.cnc.jp/midorikagaku/)。
平成24年7月 ・デジタルマイクロスコープ、紫外線照射装置等を新たに設置。